MENU

企業理念・ビジョンPHILOSOPHY・VISION

  • TOP
  • 理念・ビジョン

私たちのブランド

  • ブランドメッセージ

    その想いを、たしかな未来へ

    「クライアントの想いやビジョン(=CI)をしっかりと汲み取り、
    テクノロジーでカタチに変えていく。
    そして、ビジネスを最大化させることでたしかな未来を共に創っ
    ていく」――、
    そんな当社の強い意思を宣言するブランドメッセージです。

  • タグライン

    私たちは、中堅・中小ベンチャー企業
    の経営者様と真摯に向き合う事業推進
    パートナーです。

    当社のスタッフと一緒に仕事をすると、「自社の可能性を理解
    することができ、強みを活かすための経営戦略や事業を拡大す
    るためのアイディアがひらめく――」。
    常にお客様の想いに応える心強い存在であり続ける私たちの事
    業を定義しています。

理念・ビジョン

企業理念 共存共栄の精神で世の中に新たな価値と笑顔を創出します
長期経営ビジョン 日本とアジアの発展に貢献するインキュベーションカンパニー
中期ビジョン ブランドを軸に中小企業様のデジタルシフトを担う

ブランディングテクノロジーグループは、「共存共栄の精神で世の中に新たな価値と笑顔を創出します」という存在意義に根差し、
「日本とアジアの発展に貢献するインキュベーションカンパニー」を達成するために事業活動を推進しています。
ブランディングテクノロジーグループの多彩なソリューションや継続的なサービス品質の向上は、すべてのスタッフの質の高さに支えられています。
つまり、社是「お客様の笑顔は会社の笑顔です」の精神を全スタッフが大切にし、一人ひとりがお客様視点で自分の仕事の質を高めていくことが使命と言えます。
サービス品質、お客様満足、従業員満足のすべてを向上するためには、全スタッフが理念・ビジョンを理解し、仕事を通じてお客様と会社に貢献していくことが大切です。

社是

社是 お客様の笑顔は会社の笑顔です

ブランディングテクノロジーが掲げる社是は、「お客様の笑顔を創り出すことが会社の喜び」であることを表しています。
つまり、ブランディングテクノロジーのすべての事業活動は「お客様のビジネス発展に貢献し、いかに笑顔になってもらえるかの追求である」ということです。

  • お客様はどんな想いでビジネスを行っているのか
  • お客様はどんなことに悩んでいるのか
  • お客様はどんな未来を実現したいのか

商品・サービスの強みや弱み、企業として掲げている理念や戦略、組織体制や経営資源、そして経営者様や担当者様の人柄まで詳しく理解しなければ、お客様のビジネスを発展させることはできません。そしてこういった情報をお客様に提供してもらうには、それ(信頼)に足るビジネスパーソンでなければなりません。社是に掲げているようにお客様を笑顔にすることが会社のゴールであることを理解し、誠意を持ってすべての仕事に取り組んでいます。

7つの行動指針

人間尊重

人間尊重
常に顧客満足とスタッフ満足の創出をし続けます

笑顔

笑顔
常に仕事は楽しく前向きに笑顔で行動し続けます

約束

約束
常に約束(顧客・仲間・社会)を守り続けます

調和

調和
常に調和(協力・競争・共有)を大切にし続けます

達成

達成
常に困難に屈せず達成文化を創り続けます

成長

成長
常に現在の自分以上の自分になり続けます

創造

創造
常にブランドを創造し発展し続けます

私たちの強み(USP)

フロント人材

経営の上流から顧客と関わり
高いバリューを発揮する「フロント人材」

お客様とのフロントに立つことで経営課題を的確に把握し、
「ブランド×テクノロジー」の観点からベストなご提案のできる人材を、
独自の人材定義として「フロント人材」と呼んでいます。
お客様のビジネスを最大化させるために、「プリンシプル」「コンピテ
ンシー」「基礎人間力」など、厳しい人材定義をパスしたスタッフしか
名乗ることができません。

フロント人材

ブランドファースト

ブランドを軸に経営全体にシナジーを生む
「ブランドファースト」という考え方

企業経営において、企業の「ブランド・らしさ」を第一に考え、
営業力・採用力・組織力を育てることで、唯一無二で不易流行の
企業ブランドへと昇華させていきます。
従来のWeb広告代理店の機能だけでなく、人事領域にまで踏み込む
事ができます。

ブランドファースト

5steps

総合的な5つの機能「5steps」を循環させ
確実に目標達成に導きます

戦略企画~クリエイティブ~経営サポート~広告~コンサルと、
一貫したワンストップソリューション体制を構築しています。
PDCAを実行し続けることで、設定した目標に対し確実に
アプローチします。

5steps

and more...