MENU

DIGITAL MARKETING「常に求められる存在」になるために
ジョブローテーションで切り拓いた道

S.G/2013年入社/デジタルマーケティング本部 デジタルマーケティング営業部 制作進行課
デジタルマーケティング領域に関連する営業提案のサポート、広告クリエイティブやWebサイト構築のディレクションなどを行っています。営業支援とディレクションの両方に関わることでプロジェクトをスムーズにスタートでき、戦略立案から要件定義まで一貫して行うのでお客様の多様なご要望にも柔軟に対応できます。情報の抜け落ちや認識のズレといったコミュニケーションロスが起こりにくく、理想に近い形で制作を進められるのが強みです。

ブランディングテクノロジーには「ジョブローテーション制度」があり、本人が望めば部署の異動や異なる業務へのチャレンジを通して様々なスキル・経験を得ることができます。この制度を活用して人材価値を高めてきたのが、2013年中途入社のSさん。現在は各種調査やプロモーションの戦略立案といった営業支援から、広告クリエイティブやWebサイトの制作ディレクションまで、縦横無尽に活躍しています。

今回は、Sさんが現在所属している部署の業務についてだけでなく、ジョブローテーションによってどのようなスキル・知見を培ってきたのかについても語ってもらいました。

デジタルマーケティング本部 デジタルマーケティング営業部 制作進行課の業務について

視野や職域の拡大につながる 「ジョブローテーション」という選択

制作進行課という部署で、営業支援とディレクション(ご発注いただいた案件の制作指揮や品質管理)を担当しています。営業支援では、「成果が出やすいWebサイト」を制作するために欠かせない競合調査や市場調査、それらを踏まえた戦略の立案などを行っています。営業と制作をつなぎ、お客様に価値を感じてもらえるよう案件を進めるのが役割です。ディレクションでは、WebサイトやLP(広告ページ)がお客様の理想通りに仕上がるように指示やチェックなどを行っています。ときには専用ツールを用いて動画を作成したり、Webサイトのプログラムを書いたりすることもあります。前職はデザイナーだったので、制作そのものに関わるのも楽しいですね。

このように今は制作進行課で様々な業務を担当していますが、去年まではクリエイティブディレクション課という別の部署にいました。そこでも大きい意味ではディレクションと営業支援という同じような役割を担っていましたが、現在の部署とはお客様の企業規模も違えば、抱えている課題感もプロジェクトの進め方も大きく異なります。しかも当時は、部署のマネジメントもやっていました。トラブルになりそうな案件のフォローをしたり、メンバーの相談に乗ったりと、色々ありましたね。その頃は経営戦略室という別部署での業務も兼任し、会社のリブランディングにも関わっていました。「いろんな業務に携わる」という点だけは変わってませんね。

ひとつの会社にいながら多岐にわたる業務を経験できたのは、ジョブローテーション制度があったからだと思います。「スキルや経験をもっと広げたい!」というスタッフの気持ちを後押ししてくれる雰囲気が会社にあったのが大きかったかもしれません。自分が興味を持った業務に携わることができ、結果としてディレクション、フロントエンドエンジニアリング(Webサイトの見た目を整える役割を持つ人)、マネジメント、営業支援など様々なスキルを身につけることができました。

「常に求められる存在」になるために、制度をうまく利用する

「常に求められる存在」になるために、制度をうまく利用する

ジョブローテーション制度の活用を考えたのは、「ひとつのスキルだけでは業界で生き残れない」と感じたからです。ブランディングテクノロジーに入社する前、私はほかの会社で紙媒体のデザイナーとして働いていました。しかし、Webコンテンツが急速に価値を高めていく中で「紙媒体の仕事以外でも求められる存在」 になりたいと思うようになり、Webのクリエイティブを扱っているブランディングテクノロジーに入社しました。ジョブローテーションをしながら様々な業務を経験しようと思った背景には、前職からのこういう流れがあるんです。

そして入社し、コーディングやプログラミングのスキルを身につけることができました。しかし、「常に求められる存在」 であるためには、人や組織をまとめるスキルも必要です。そう考え、マネジメントや採用活動、チーム作り、制作指揮などを経験できる昨年まで在籍した部署へと異動しました。

ジョブローテーションは実際、「スタッフの多くが利用している制度」というわけではありません。しかし、先ほどもお話ししたように、スタッフの「ほかの部署や業務も経験して人材価値を高めたい」という意思を後押ししてくれる風潮が会社にはあります。多くのスキルを身につけて「自分のできることを増やしたい」「常に求められる存在になりたい」という人にとって、ジョブローテーションはいい制度だと思いますね。

様々な経験を積むことで、制作物のクオリティも高まる

当然ながら、お客様にお渡しするWebサイトや広告ページのクオリティには、とことんこだわるようにしています。最近ではIT系大手企業の案件で、同社が展開するマニュアル制作サービスの展開に関わりました。「このサービスをどのように販売していくのか」「どういう市場に結びつけていくのか」といった戦略定義の段階から徐々に詰めていき、Webサイトの制作を進めました。

発注前から自身が関わっていた案件だったため、一貫性のある丁寧な制作ができたと思います。ジョブローテーションを経て、営業支援とディレクションの両方を行ってきた経験が活きた気がしますね。クオリティにも自信を持てましたし、お客様からも「サイトの骨組みの段階から戦略を考えてくれたんですね」と喜んでいただけて、達成感もひとしおでした。

様々な経験を積むことで、制作物のクオリティも高まる

成長意欲の高い後輩たちと、インパクトのある仕事がしたい

ディレクションというのは、制作進行管理がすべてではありません。デザインやコーディングなどクリエイティブの質を保ちながら、制作を進行することが何よりも大切です。その観点から、自分を「その分野のスペシャリストだ」と言える自信を持った方と仕事がしたいですね。皆さんがもしブランディングテクノロジーに入社し、自分に仕事の相談をしてくれたら、「ジョブローテーションを利用し様々な現場を経験することで、幅広い知識や能力を持ってほしい」と言ってあげたいです。そうすることで、人材としての価値が高まり「常に求められる人材」になれるからです。

これから社会に出る学生の方は、ディレクターやクリエイターの知識を持ち合わせていないことがほとんどです。でも、「自分で考えて努力できる人」であれば、1年や2年で驚くほど成長できるでしょう。学習意欲が高い人は、経験を積むことでどんどんスキルアップしていきます。そんな成長著しい後輩たちとともに働きながら、市場や業界にインパクトを与えるようなプロジェクトに関わっていくのが今の私の夢です。

「営業支援」や「ディレクション」といった言葉を聞くと、「よくわからない」「難しそう」と身構えてしまうかもしれません。しかし、基本となるのは日々の地道な勉強と「成長したい」という気持ちです。ブランディングテクノロジーの場合、新入スタッフの皆さんにもすぐに現場で経験を積んでもらえる環境と教育体制が整っています。なので、日々の業務をこなしながら人材価値の向上を目指してもらいたいですね。